緩い

全て 形容詞
1,011 の用例 (0.01 秒)
  • ただし、緩増加性や無視可能性は族の添字に関する増加に関して言う。
  • 御船さんがヘルメットの側面を小柄な手で振って、緩くないか確認する。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 日本の河川としては勾配がかなり緩いことが特徴として挙げられる。
  • 専修学校と各種学校は類似しているが、各種学校の方が基準が緩い。
  • 背ずりの上辺については緩い波型を描く形状とした点が特徴である。
  • これによりニュージャージー州北西部において緩勾配の路線を手に入れた。
  • 規制が緩く燃料の硫黄分や排出ガスが前時代的な基準だった為だということだ。
  • 長い髪を後ろでゆるくくった姿は、生まれる時代を間違えたとしか思えない。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 川下に一の沢ダムがあるため、錦橋の付近で川の水は深く、流れが緩い。
  • ゆっくり構えて、御米にでも知れるとまた心配がえるだけだと思った。 夏目漱石『門』より引用
  • みんなは一郎の兄さんについてゆる傾斜けいしやを、二つほどのぼりしました。 宮沢賢治『風の又三郎』より引用
  • 夕食後は緩手を連発して自滅し、若輩に名をなさしめてしまったのである。 坂口安吾『桂馬の幻想』より引用
  • かんきゅうが彼女の体で同時に起こり、そして、死がおどるように跳ね回った。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト』より引用
  • 原発について語るとき、宮下さんは「ユルくなかった」と何度も口にした。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • しかし次の瞬間しゅんかんには霧は消え、後には自分の身体からだを緩く抱いた新庄がいるだけだ。 川上稔『AHEADシリーズ 05 終わりのクロニクル③〈上〉』より引用
  • デュエルアバターの、ゆるく下げられた両手には、細いくさりが握られている。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • これに対しヨーロッパや中国等に多い方式が緩発式である。
  • これは浅草あさくさの岸一帯が浅瀬になっていて上汐の流が幾分かゆるやかであるからだ。 永井荷風『夏の町』より引用
  • 広大で緩りと川が流れるエバーグレーズが半島の南端部に拡がっている。
  • 他の南軍部隊は緩りとしか進めず予定より遅れていた。
  • 次へ »