緩い

全て 形容詞
1,011 の用例 (0.01 秒)
  • 母である自分だけが理解者である緩ように思わせようとした。 冴木忍『カイルロッドの苦難 8 やさしさは風の調べ』より引用
  • 緩歩動物はクリプトビオシスによって環境に対する絶大な抵抗力を持つ。
  • 緩傾斜式の構造は、それほど波のエネルギーが強くない場合に用いられる。
  • それからあとは全く何の目的もなしになお緩漫かんまんな歩行を約十五分ばかり続けた。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • なお欧州仕様は騒音規制が緩いことから若干出力が高くなっている。
  • 濾過池における処理方法の違いにより緩速濾過と急速濾過に分類できる。
  • 変化は起こったが、今日的感覚からすれば緩りとしたものだった。
  • 校則はアメリカの学校に近く、日本の学校より若干緩い傾向があった。
  • まずはナイフを点検し、こぼれやゆるくなっていないかを確認かくにんする。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 廃工場を改装したこの居住空間は、防犯上はかなり緩い造りのようです。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • 鎮火は十二時ごろであったが、私が到着して後は、燃え方は緩漫であった。 坂口安吾『安吾巷談』より引用
  • 東側に位置する島式2面4線のホームで、S字状に緩くカーブしている。
  • そのときは三人ともに手を緩く浮かべ、蓋を離るること五分ほどとす。 井上円了『妖怪玄談』より引用
  • 物につて一歩を緩くすることをもなさず、一歩をきふにすることをもなさない。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • 長いこと教会と取引をしていれば、荷物の検査もゆるくなるだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 「何のために」と松本はほとんどいつものようなゆるい口調で聞き返した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • これは大変な人間と遭遇してしまった、と一方通行アクセラレータは首をゆるく振った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • 近年はやや緩い傾向にあるが、社会的にみると未だ厳しく検査されている。
  • さきほどから背筋の方をまた痙攣の兆候が緩く流れてゐるのが感じられた。 原民喜『雲雀病院』より引用
  • 緩終鎖がどんな夢を送りつけるか、たとえその使用者でも関与かんよは出来ない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編04 夢の涯』より引用
  • 次へ »