緩い速度

6 の用例 (0.00 秒)
  • スカイラーク号はゆるい速度で半マイルばかり先の残骸のほうへ移動していった。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 雲は北から南に向けて緩い速度で移動していた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 昼間の衝撃が緩い緩い速度で回転してゐる。 原民喜『飢ゑ』より引用
  • そんな静けさの中を、極めて緩い速度で時が経って行くのは、障子に映っている枝影が徐徐にところを移すので判る。 外村繁『日を愛しむ』より引用
  • 馬車は極めて緩い速度で走り出した。 外村繁『澪標』より引用
  • 非常灯がやたら多く備え付けられ、公衆電話のボックスみたいにケミカルな緑色で着色された世界をゆるい速度で前進する。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用