緩い曲面

6 の用例 (0.00 秒)
  • 両側妻面に運転台を有する両運転台構造で、前面は緩い曲面を描いた丸妻形状とされ、貫通扉を持たない非貫通構造である。
  • 前頭部は緩い曲面を描いており、天地方向の広い運転台窓と相まって安定感のある端整なスタイルに仕上がっている。
  • 前面形状は緩い曲面を描く丸妻構造で、前面窓は大正13年系と同様に5枚備え、左右両端の窓上には行先表示窓を設置し、その分上下寸法が中央寄りの3枚と比較して縮小されたものとなっている点も準じている。
  • 前面形状は緩い曲面を描く丸妻構造で、前面窓を5枚備える。
  • そのため、妻部が平板を突き合わせただけの角張った形状であったこれらの各鉄道向け車両とは異なり、緩い曲面による丸妻の半流線形となっているなど、近隣他社の先行各形式に比して洗練されたデザイン・工作となっている。
  • 衛星の表面には「コーナー・キューブ・リフレクタ」が126個、緩い曲面の鏡が24枚張り付けられている。