緩い坂道

19 の用例 (0.00 秒)
  • 伏見奉行所は町からゆるい坂道を上がった、陽当たりのよい丘の上にありましたから。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • そして緩い坂道を次の引き上げるポイントまで車両が走行する。
  • 対照的に、峠南部は比較的緩い坂道で、見通しの良い直線区間もある。
  • 弘三の家がある集落への道は緩い坂道だ。 岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』より引用
  • 緩い坂道にかかると、泥溝に沿って立った電柱が目に停った。 上林暁/坪内祐三編『禁酒宣言 ―上林暁・酒場小説集』より引用
  • 山道と聞いていたが緩い坂道に過ぎない。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • おそるおそる緩い坂道のファサードを登ってゆく三人を、普通の車の二台分以上もの長さのあるピンクのリムジンが追い越してゆきました。 久美沙織『小説版MOTHER2』より引用
  • 緩い坂道を回り込むあたりに、誇大広告専門の看板屋ライヤー・ホーランドさんの事務所兼住居が建っています。 久美沙織『小説版MOTHER2』より引用
  • 外宮げくうを左に見ながら、ゆるい坂道を上ってゆく。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第03巻』より引用
  • 足早に、ロータリーの植込みを廻り、正門へ向う緩い坂道を下りかけると、背後うしろから犬の鳴声がし、三頭の犬が尾を振ってけ寄って来た。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 表通りへ向かう緩い坂道を登りかけて、シゲルは足を止めた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 起点から国道159号と交わる木津交差点までの区間は、勾配の緩い坂道であり、これに沿うように商店が軒を連ねている。
  • いつもは、邸内の東側の高みにある自宅の玄関まで車を乗りつける鉄平であったが、今夜は、下の門のところで、会社の車を帰してしまい、緩い坂道を上りながら、つい先程まで討議を重ねていた阪神特殊鋼の緊急役員会の模様を重苦しく思い返していた。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 唯一、鹿嶋市粟生の「十二神」交差点が高台で緩い坂道がある以外は平坦な道路である。
  • 万俵家の大門が、重々しいきしみをたてて開かれると、大介と鉄平を乗せたベンツは、そのまま本館の玄関に続く緩い坂道を上って行った。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 朝の通学路、緩い坂道を、沈思黙考ちんしもっこうしながら下ってゆく。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 0(短編)』より引用
  • 八十場の緩い坂道を登りきると79番天皇寺がある。
  • こういう登り路は、たいていの場合、まず最初に石だたみのゆるい坂道があって、見上げるような大木のならんだ、道のりにすれば、七、八丁もある並木道ではじまる。 ハーン/平井呈一訳『心』より引用
  • 所在地は表参道の緩い坂道に沿った長細い変形敷地で、竣工当時の住所は豊多摩郡千駄ヶ谷町大字穏田字赤羽、現在の住所では渋谷区神宮前四丁目である。