緩い勾配

31 の用例 (0.00 秒)
  • これによりニュージャージー州北西部において緩勾配の路線を手に入れた。
  • お菊さんは、緩い勾配をした坂の中途に、白い影になって立っていた。 上林暁/坪内祐三編『禁酒宣言 ―上林暁・酒場小説集』より引用
  • 集落は氷河期に形成されたモレーン地形南斜面の緩い勾配に位置している。
  • 明治時代の建設当初馬車交通を想定したため、急峻な山岳地帯を通過する道路の割には緩勾配に設計されているのが特徴である。
  • そして自分のすることをさして深く考えもせずに、王子は矢を手に持ったまま、その扉の先にある緩い勾配の廊下に踏み入りました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • ルート決定に対し、別案として現在の芸備線沿いを通る緩勾配案や熊野町を抜けるルートも検討されていた。
  • 新たに建設した緩勾配の線路を峠を上る向きに使用し、峠を下る時には従来の急勾配の線路を使用する。
  • ごく緩い勾配の降り坂の先には別な坂があるなどして、このごく緩い勾配の降り坂の先に地平線が見えない状態にある時、つまり、明確な参照物が失われた状態にある時、ヒトは坂を正確に判断することが難しくなることが関係している。
  • ぎっしりと人々の押込められた乗合自動車がゆる勾配こうばいをなした電車軌道の脇を異常な緊迫感で疾走している。 原民喜『冬日記』より引用
  • 私はそこの緩い勾配をなしてゐる往還に櫻木の杖を曳きながら宛然大きな生物が口を開けたやうな溪谷を眺めるのが好きである。 近松秋江『箱根の山々』より引用
  • この線路付け替えにより、スクラントンとビンガムトンを結ぶ高速で緩勾配の路線を手に入れた。
  • 掘割された圏央道を跨いで、緩い勾配を下ると八高線最高所駅の金子駅に到着する。
  • 明治時代に入り清水峠ルートの距離の短さが注目され、1885年には馬車が通行可能な緩勾配の新道が整備された。
  • 屋根の緩い勾配こうばいを二匹の猫は丸くなって転がり、といのところで危く踏み止まった。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • 緩勾配であることから、信越本線に代わって関東地方から日本海側への短絡ルートとなった。
  • 日本瓦を使用した場合には4/10以上の勾配が建築基準法の規制から必要になってしまうため、伝統的な緩勾配の屋根形状に合わせる目的で長尺鉄板葺が指定されている。
  • 勢揃坂は緩い勾配の坂で、渋谷区内に残る古道のひとつである。
  • この高速道路網は緩い勾配や大きな曲線半径で高速を出せるようになっており、出入りもすべて立体交差となるなど高い規格で建設されていた。
  • トンネルはひじょうにゆるい勾配で、奥に延び、その壁面はレンガでできていた。 ルブラン/大友徳明訳『オルヌカン城の謎』より引用
  • このため、関東・北陸間の貨物列車については、非効率な信越本線経由が避けられ、遠回りだが緩勾配で格段に輸送条件の良い上越線経由ルートが一般化した。
  • 次へ »