緩い円弧を描く平妻

5 の用例 (0.00 秒)
  • 妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。
  • 前後妻面に運転台を有する両運転台構造を採用、妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。
  • 車体の前後に半室形の乗務員室を備える両運転台構造で、ごく緩い円弧を描く平妻形状の前後妻面には710 mm幅の窓を3枚均等配置し、貫通路および貫通扉を持たない非貫通構造とした。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く平妻形状とし、同一幅の前面窓を3枚備える非貫通構造を採用、前後妻面ともに運転台を備える両運転台構造で、運転台は武蔵野鉄道の流儀に則り進行方向右側に設置された。
  • 同5両は同じく日本鉄道自動車工業において1941年に新製されたモハ51形電車の車体長を12m級に短縮したような外観を有し、浅い屋根に上下寸法を大きく取った二段窓を備え、妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。