緩い円弧を描く丸

7 の用例 (0.00 秒)
  • 前面形状は緩い円弧を描く丸妻形状で、前後妻面ともに中央部へ貫通扉を配した。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く丸妻形状で、車体裾部より後退傾斜を設けた流線形とされた点が特徴である。
  • 前後妻面に運転台を備える両運転台仕様で、緩い円弧を描く丸妻形状の妻面に3枚の前面窓を均等配置する。
  • 緩い円弧を描く丸妻形状の前後妻面にそれぞれ運転台を設けた両運転台仕様で、妻面には3枚の前面窓を均等配置し、貫通扉などを持たない非貫通構造とした。
  • 妻面形状は緩い円弧を描く丸妻形状で、両運転台構造のモ3550形、片運転台構造のク2550形とも同一であり、また前後妻面ともに中央部へ貫通扉を配した。
  • デハ1320形・サハ2320形・サハニ3323形は前面に貫通扉を設置した貫通構造は同一ながら、妻面が緩い円弧を描く丸妻形状に変更された。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く丸妻形状で、中央部に600 mm幅の貫通扉を配した貫通構造とし、貫通扉の左右に700 mm幅の前面窓を配した。