緩い円弧を描く

14 の用例 (0.00 秒)
  • 前面形状は緩い円弧を描く丸妻形状で、前後妻面ともに中央部へ貫通扉を配した。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く丸妻形状で、車体裾部より後退傾斜を設けた流線形とされた点が特徴である。
  • 前後妻面に運転台を備える両運転台仕様で、緩い円弧を描く丸妻形状の妻面に3枚の前面窓を均等配置する。
  • 妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。
  • 前後妻面に運転台を有する両運転台構造を採用、妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。
  • 緩い円弧を描く丸妻形状の前後妻面にそれぞれ運転台を設けた両運転台仕様で、妻面には3枚の前面窓を均等配置し、貫通扉などを持たない非貫通構造とした。
  • 妻面形状は緩い円弧を描く丸妻形状で、両運転台構造のモ3550形、片運転台構造のク2550形とも同一であり、また前後妻面ともに中央部へ貫通扉を配した。
  • 車体の前後に半室形の乗務員室を備える両運転台構造で、ごく緩い円弧を描く平妻形状の前後妻面には710 mm幅の窓を3枚均等配置し、貫通路および貫通扉を持たない非貫通構造とした。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く平妻形状とし、同一幅の前面窓を3枚備える非貫通構造を採用、前後妻面ともに運転台を備える両運転台構造で、運転台は武蔵野鉄道の流儀に則り進行方向右側に設置された。
  • 同5両は同じく日本鉄道自動車工業において1941年に新製されたモハ51形電車の車体長を12m級に短縮したような外観を有し、浅い屋根に上下寸法を大きく取った二段窓を備え、妻面形状は緩い円弧を描く平妻型で、3枚の前面窓のうち中央部の窓幅を狭めた非貫通構造の3枚窓設計である。
  • 妻面は中央に貫通路を設置し、その左右裾部にアンチクライマーを装着、屋根端部に緩い円弧を描く雨樋をつけ、その中央上部に筒型の前照灯具を置く、モ6301形以来の名古屋線伝統のスタイルを継承している。
  • デハ1320形・サハ2320形・サハニ3323形は前面に貫通扉を設置した貫通構造は同一ながら、妻面が緩い円弧を描く丸妻形状に変更された。
  • 前後妻面は緩い円弧を描く丸妻形状で、中央部に600 mm幅の貫通扉を配した貫通構造とし、貫通扉の左右に700 mm幅の前面窓を配した。
  • デハ130形およびサハ105形107・108より、妻面の雨樋が緩い円弧を描く形状に変更されたほか、タブレット閉塞区間におけるタブレット交換の便宜を図るため運転台を進行方向右側に設置した。

緩い円弧を描く の使われ方