緩い傾斜

49 の用例 (0.00 秒)
  • そばには、鬼の座敷と呼ばれる緩い傾斜の岩畳もある。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • すなわち、時間とともにAの変化する状を示す曲線はB点ではA点よりも緩い傾斜を示すであろう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 一同、そこへ走りよって見ると、芒原が日向ひなたに面して緩く傾斜になっているところに、蜂の穴があった。 佐藤垢石『採峰徘菌愚』より引用
  • わずか十数秒の緩傾斜帯の中で速度計、時計、ジャイロをにらんでいたギュンターは、やつぎ早に方向と速度を修正させた。 谷甲州『惑星CB 8越冬隊』より引用
  • 途中何度も立ち止まりながら、ゆるい傾斜を取ってななめにゆっくりと登らなくてはならなかった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 雪面の緩傾斜でさして危険はないが、高階の確保するザイルを伝ってゆっくりと歩いてくる。 森村誠一『恐怖の骨格』より引用
  • 三人はトロツコを押しながらゆるい傾斜を登つて行つた。 芥川竜之介『トロツコ』より引用
  • ようやく無事にこの難場をおえ、少し上の小さい緩傾斜の台地に落着くとすぐに食事にする。 小川登喜男『一ノ倉沢正面の登攀』より引用
  • 其処は緩い傾斜になって夫其の登りづめに松林があり普請役場の建物があった。 田中貢太郎『海神に祈る』より引用
  • 三人はトロッコを押しながらゆるい傾斜を登って行った。 芥川竜之介『トロッコ』より引用
  • 妻面は当時流行の湘南形に近い半流線形の2枚窓構成で、緩い傾斜が付けられており、これは後に登場した連接車の200形と共通する意匠である。
  • 比較的緩い傾斜であっても意外にスピードが出る事から、身長や体重、年齢・持病の有無などによっては利用を制限もしくは禁止しているところが多い。
  • 緩い傾斜面を持つ半島の付け根に市街があり、その北西に真鶴駅、南東に真鶴港がある。
  • 山脈の東麓は緩く傾斜しており、多くの河川が東海岸方向に流れ広大な平野を形成している。
  • あれだけの厚味と重さがあれば、水も土砂どしゃも食い止められるだろうが、今のところ地下水脈の音やにおいも感じないし、ゆる傾斜けいしゃが続いているとはいえ、くずれた土が土石流を起こすほどの角度ではない。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 回廊部は地形にあわせて南に低く、緩く傾斜している。
  • 緩傾斜をなして、一方から並木で囲まれている。 森鴎外『鴉』より引用
  • 路はゆるい傾斜をのぼって草原の丘に伸びてゆく。 島田清次郎『地上』より引用
  • ただし、小段に水が溜まることを嫌って、最近は流下断面に余裕がある場合、小段を設けずに緩傾斜とした1枚法で改修される場合がある。
  • 出がけに白木屋の主人に書いて貰った略図の通り、此岩を左に見て右下に谷川の音を聞きながら少し登ると、緩い傾斜の原の中を道が通じている。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • 次へ »