緩いカーブ

37 の用例 (0.00 秒)
  • 東側に位置する島式2面4線のホームで、S字状に緩くカーブしている。
  • 緩いカーブを過ぎて、次の江戸川駅手前で高架となり江戸川を渡ると千葉県に入る。
  • ゆるいカーブにかかっているが、かなりとばしていたにちがいない。 宇神幸男『神宿る手』より引用
  • 緩いカーブを回り、その先の信号が、自分の家に続く道だ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 緩いカーブを武器とし大いに期待されたが、独特の二段モーションからか伸び悩んだ。
  • 道路は緩いカーブがあるが全体的にほぼ直線で、駅に向かって若干上りこう配がついている。
  • 途中に勾配が存在するほか、西側では緩いカーブが存在する。
  • 車体断面は裾絞りのように緩くカーブした形状となっている。
  • 現在でも駅西方の線路が緩くカーブしているのは、矢沢駅が元来は交換可能な構造だった名残である。
  • 交通量こそ少ないものの、緩いカーブが多く、見通しも悪いため、自動車での通行には十分に気をつけられたい道路である。
  • ちょうど緩いカーブにさしかかっていて、テールランプがずっと先まで続いているのが見えた。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • 事故地点はゆるいカーブになっていた。 荒巻義雄『「能登モーゼ伝説」殺人事件』より引用
  • どうやらトンネルがゆるくカーブしているらしい。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ08A 悪霊都市ククル〔上〕』より引用
  • 首都圏中央連絡自動車道をくぐり左へ緩くカーブし日高バイパスを越え国道407号を渡るとすぐに武蔵高萩駅へ。
  • 心なしか曇り空に浮いているその建物の緩いカーブをしている屋根が、なんとなく寒々と眼にうつる。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』より引用
  • 緩くカーブする天井からストロー状の鍾乳石が、頭上まで無数に垂れ下がっている。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 地区の中部を南北に緩くカーブを描きながら走る東武伊勢崎線を境に、東に一・二丁目、西に三・四丁目の街が広がる。
  • 構内が緩くカーブしておりホームもカーブしていた。
  • ここが発足駅跡で写真右下から細道が堀株川へ向かって北上し、対岸からまた左へ緩くカーブして駅跡へ向かう細道風の白い線が延びている。
  • ゆるいカーブを下っていくと、商店街に出る。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 次へ »