緩い

全て 形容詞
1,011 の用例 (0.01 秒)
  • 目的の部屋は、緩い弧を描く通路を三十メートルほど進んだ先にあった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 09 虹の彼方に(上)』より引用
  • 海方は運ばれたブランデーを満足そうに飲み、ゆつくりと煙草に火をつける。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 沙子は半ば眠ったような声で不満げに言ったが、静信は緩く首を振った。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • このことはその銃を緩りと弾填めする必要があることを意味していた。
  • 暴力および戦争への批判は教会になる緩いグループの形成の要因だった。
  • 改札口はなく、道路から緩い坂を上って線路の南にあるホームに上がった。
  • 緩降下時ではあったが音速を超えることが可能な唯一の水上機であった。
  • これが生んだ状況のために、労働条件改革は緩りとしか進展しなかった。
  • 若い個体はおそらく身を守るため、緩く大きな群れを作ることが知られる。
  • 大陸軍はイギリス軍の側面を衝いた後、緩りとイギリス軍を押し戻した。
  • われらは必ずしも「知らず識らず」的の緩手段をのみ取らんとは思はず。 正岡子規『人々に答ふ』より引用
  • それと機を同じくして、緩い坂を瀬島の専用車が登って来るのが見えた。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 窓外には緩い線の丘から赤い屋根が見えたり隠れたりしている。 斎藤茂吉『ドナウ源流行』より引用
  • 船は港を出やうとして、やるせない程遅鈍な緩さに半廻転を試みてゐた。 坂口安吾『海の霧』より引用
  • 駅に改札口はなく、道路から緩い坂を上って線路の北にあるホームに上がった。
  • 初めの五六歩は、非常な威勢で行ったのが、だんだんゆっくりになって来た。 宮本百合子『三郎爺』より引用
  • 全体的に中・緩斜面が多く、小さな丘陵地に複数のコースを配している。
  • 県道70号線では最も長いトンネルで、トンネル内は緩い坂になっている。
  • おれのいる周囲が緩かに揺れているので、場所は舟の中だと云うことが分かった。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • 寒さも大分緩くなり、早いところではそろそろサクラが開花するらしい。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 次へ »