締メ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 厚い帯をめかけているので、自分がすぐ玄関へ出る訳に行かなかった。 ...
  • であるから茶の間のドアが締められたままになっている晩も多かった。 ...
  • 彼女はそれらの思念を締めだして、話されている言葉に気持を集中した。 ...
  • 廊下から外へ出る口の戸をしずかに開けて、またしずかに締めたらしい。 ...
  • 彼の目はギラギラする光線に締め上げられ、空気はかすかに光っていた。 ...
  • その人が入るや否や以前のごとくその門の扉が締められてしまう。 ...
  • 女の前に立ちて両足の間に女の膝を入れて時々締めにかかる奴あり。 ...
  • 帰ると思って、戸を締めないで置くもんだから不用心で仕様が無いって。
  • その小締めな体つきをながめて、いつまでもわがは子供だと考えていた。 ...
  • 門内の左右を低い籠塀かごべい為切しきって、その奥に西洋風に戸を締めた入口がある。 ...
  • その窓が、また、女の力でどうにもならぬほど、締めにくいと来ている。 ...
  • それはホームズが、この物語の発端に対して、締めとして書いた返事だ。 ...
  • 彼女は目を半眼にして、そろそろ、そろそろと力を入れて、締め始めた。 ...
  • ドアを締めて、くるみ材の飾りだなからった形のグラスを一つとった。 ...
  • どの男も帯で締めた絹の腰巻きだけをつけ、大きな鍵をぶらさげていた。 ...
  • 白い長袖のシャツに黒いボウ・タイを締めた店主に、僕はそれを告げた。 ...
  • 日日の生活が、ある一つの目的に向って締め上って来ているようであります。 ...