線を有する列車交換

22 の用例 (0.00 秒)
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な職員配置駅であった。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 島式ホーム1面2線を有する列車交換が可能な地上駅である。
  • かつては2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 晩年に交換設備が廃止になるまでは島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅であった。
  • かつてはこのホームは島式ホームであり、1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつては単式ホーム・島式ホーム複合型2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 晩年に閉塞取扱が廃止になるまでは島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつてはホームが千鳥式に配置された相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつては千鳥状にずれた単式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 駅舎側の1線は撤去されていたが、かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な職員配置駅であった。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅で、駅舎側が下り線、外側が上り線となっていた。
  • 国鉄時代末期に無人化されるまでは、相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 国鉄時代末期に完全無人化されるまでは、単式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • 転換当初は相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅で、七尾線で貨物輸送が行われていた頃にはさらにもう一本発着線があった。
  • かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であり、ここを始発・終着とする名寄からの区間列車も運転されていた。
  • 国鉄時代末期に無人化されるまでは、単式ホーム・島式ホーム複合型2面3線を有する列車交換可能な交換駅であった。
  • かつては単式ホーム・島式ホーム複合型2面2線を有する列車交換可能な交換駅であり、ここを終着とする深川からの区間列車も運転されていた。
  • 次へ »