線の快速列車

10 の用例 (0.00 秒)
  • 主に4両 - 8両編成で関西本線・大阪環状線・奈良線の快速列車を中心に運用されている。
  • また船小屋駅は各駅停車のみ停車する駅であったが、筑後船小屋駅は開業後、在来線の快速列車が全停車する駅となった。
  • 大阪駅発着のJR宝塚線の快速列車との接続が計られている列車もあるが、朝ラッシュ時以外は同じホームでの接続にはならない。
  • 東京駅から錦糸町駅までの地下線で総武快速線が建設され、総武線の快速列車が東京駅へ直通するようになった。
  • また尼崎駅ではJR東西線 - JR宝塚線の快速列車と同じホームで接続する。
  • 前述の5700系は特急から格下げされた形で伊勢崎・日光線の快速列車にも使用されたが、他社の格下げ車両のように扉の増設やロングシート化などされることなく、設備も特急車時代のままで当時の料金不要列車としては格別なものであった。
  • 主に117系、223系、あるいは225系電車で運行されており、原則として和歌山駅で紀州路快速を含む阪和線の快速列車との接続が考慮されている。
  • 安芸路ライナーは、西日本旅客鉄道呉線の快速列車である。
  • なお、本列車群のみならず、追い越しなどの関係で大雨や積雪などとは直接の関係がない名古屋地区での中央線の快速列車と普通列車や、多治見駅で接続する太多線の列車、さらには大阪駅直通の9号・16号の場合、乗り入れ先の西日本旅客鉄道アーバンネットワーク各線にまでもその遅れの余波が及ぶことが多い。
  • マルス端末はなく、Suica定期券、指定席券、企画乗車券の購入はできないが、常磐線の快速列車グリーン券については、料金補充券で発売している。