緑の木陰

4 の例文 (0.00 秒)
  • 図書館のテラスに出て緑の木陰で目を休めることにした。 ...
  • 深い緑の木陰の中にはいっていけばいくほど、神の静寂な心がそこにあり、その安らかさを自分たちの上に投げているという感じがますます強くなってきたからだった。 ...
  • しばらくかぐわしい緑の木陰にすわり、砂漠に生命のよみがえるのを、夢見るのは楽しかった。 ...
  • トムは、「この矢の落ちるところ、緑の木陰にあわれなロビン・フッドを埋めよ」と言って、矢を放ち、そのまま仰向あおむけに倒れて死ぬはずだったが、蕁麻いらくさの上にしりもちをついたので、死骸しがいとは思えないくらい勢いよくとびあがった。 ...