総統府国策

34 の用例 (0.00 秒)
  • 国共内戦末期に海口経由で台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • 国共内戦末期に、何は香港を経由して台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられた。
  • 劉は成都に隠居した後、1949年に台湾へ逃れ、総統府国策顧問に任命されている。
  • 台湾での谷は、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • このほか、総統府国策顧問も兼ね、党では第8期・第9期の中央評議委員に選出されている。
  • 戦後の1946年10月に陳其采は国民政府委員に任ぜられ、後に総統府国策顧問となる。
  • 同年、台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • 以後、総統府国策顧問や全国体育協進会理事長、オリンピック運動委員会理事長などを歴任している。
  • また、1966年には総統府国策顧問に任ぜられ、1976年には総統府資政に移っている。
  • 国共内戦末期に台湾へ逃れ、総統府国策顧問に任命された。
  • 一方、本来の台湾独立派は、陳水扁政権において総統府国策顧問や資政に就任するものも現れた。
  • このほか、総統府国策顧問、党中央評議委員、委員、中央政治大学教授などを歴任している。
  • 台湾での董顕光は総統府国策顧問、国民党中央評議委員を務める。
  • 台湾では総統府国策顧問や同府資政に任ぜられる。
  • そこで中華民国総統府国策顧問に任ぜられている。
  • 台湾では総統府戦略顧問、総統府国策顧問などを歴任した。
  • 以後、東南区点検整編委員会主任委員、委員、総統府国策顧問を歴任している。
  • その後も一貫して日台関係に関与し、亜東関係協会副代表を経て、李登輝政権下の1993年から1996年まで駐日代表、1996年から2001年まで亜東関係協会会長、陳水扁政権で総統府国策顧問を務めた。
  • しかしこの後、台湾国内で民主化に逆行するという批判が高まり、当時の中華民国総統・陳水扁、総統府国策顧問・金美齢らの抗議声明にまで発展した。
  • 戦後の1947年10月に、王樹翰は東北行轅政務委員会副主任委員となり、その翌年7月には総統府国策顧問に招聘されたが、いずれも実権の無い閑職であった。
  • 次へ »