総合司会

252 の用例 (0.00 秒)
  • 昼の部と夜の部の2部構成で、三代澤と伊藤が共同で総合司会を務めた。
  • この時は各曜日レギュラー陣の代表が番組全体の総合司会を担当していた。
  • スタジオでは、総合司会がルートの紹介をするなど番組全体の進行を担当した。
  • また、ネット局の女性アナウンサーが総合司会を務めたこともある。
  • 総合司会のタモリ・明石家さんまと共演したことで大きな話題を呼んだ。
  • 当該曜日に出演する他のレギュラー陣から、1名が総合司会に回っていた。
  • 総合司会を務める森田一義は、66歳での担当となり過去最年長である。
  • 女性芸人が総合司会・メインパーソナリティーとなるのは初である。
  • なお、有働の総合司会起用はここ2年間各メディアで取り沙汰された。
  • また、初期には作曲家・山本直純が総合司会兼審査判定役として出演していた。
  • この年から挿入の番組提供クレジットに総合司会者のイラスト入りのものになる。
  • この役割は過去2年間は両軍司会が担当していたが、今回からは再び総合司会が担当するようになった。
  • 総合司会の鶴瓶は過去のFNSの日で数々の「事件」を引き起こしていた。
  • 司会は本番組の総合司会も務める石澤典夫アナウンサーが担当した。
  • そして2006年にはPLAYBOYラジオで総合司会も務めた。
  • この特別番組には、宮根が総合司会からの卒業以来2年7ヶ月振りに、当番組へ出演している。
  • また、単独での総合司会は2000年以来6年ぶり4回目である。
  • 前年に引き続き、昼の部と夜の部の2部構成で、三代澤と伊藤が共同で総合司会を務めた。
  • 楽曲の間奏中には20時現在の募金額を総合司会が報告する。
  • 角が同月30日放送分で卒業したことを機に、翌週から全曜日の総合司会を務めている。
  • 次へ »