緊張感が漂う

18 の例文 (0.00 秒)
  • リラックスしているように見えても、常にどこかに緊張感きんちょうかんただよっている。 ...
  • だが、両者の間に目に見えぬある種の緊張感が漂うようになったのは事実だ。 ...
  • 三十代前半の女だけが持ついだようなほおの線に、緊張感が漂っている。
  • そのため、小津の他の松竹作品とは違った独特の緊張感が漂っている。 ...
  • その面構つらがまえはナイフのようにするどく、研ぎ澄まされた緊張感がただよっていた。 ...
  • 出演順は抽選で決められ、楽屋では常に緊張感が漂っていたという。 ...
  • 服装はリラックスしているが、それを身につけた本人にはある種の厳しい緊張感が漂う。 ...
  • 二人の周囲には、えもいわれぬ緊張感が漂っていた。 ...
  • 大島が帰っていった後も、店にはまだ緊張感が漂っていた。 ...
  • その明るさとは逆に、大広間では静寂の中に張り詰めた緊張感が漂っていた。 ...
  • 無理矢理起こしたのだから仕方ないが、表情のどこにも緊張感が漂っていなかった。 ...
  • 二人の間には、もはや日常会話は交わされず、無言の中に、独特の緊張感が漂っている。 ...
  • 夕食の席は、気のせいかぴりぴりした緊張感が漂っていた。 ...
  • まったく、朝のお茶会だっていうのになんともいえない緊張感が漂っている。 ...
  • その背中からは、今までにない緊張感が漂っていた。 ...
  • 笑い会っている間も二人の間には重苦しい緊張感が漂っていたから、雰囲気が改まった、とは言えないが。
  • 一見、どこにでもある洋品店なのだが、中へ入ってみるとどことなく緊張感が漂っている。 ...