絹わた

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 庭には、赤いヒナギクが、赤い絹綿びろうどのボタンのように咲いていた。 ...
  • よく見ると、その絹わたのようなものの中には、二つの眼のようなものが、苦しそうにぐるぐる動いていた。 ...
  • 多くは木綿であるが、時として絹綿併用せられ、また絹ばかりのも織る。 ...
  • そしてピアノの上には、絹綿ビロードの小猿こざる方舞コチョンの記念品とが、糸の先にぶらさがっていた。 ...
  • 聖者アクチニオ四十五世の左手は、ふわふわとした絹わたのようなものをつかんでぶら下げていた。 ...
  • サン・マロ荘の書斎にかかっている絹綿ビロードのカーテンの前に、背のまるい皮張りの肘掛椅子が置いてありますね?
  • 日本絹綿紡績社長に就任し、1892年東京移民会社を創設して数千人の移民を送り出した。 ...
  • それからまた黒い絹綿びろうどの枕が出される。 ...
  • このドアの書斎側には、ダーク・グリーンの絹綿ビロードの厚ぼったいカーテンがおりていた。 ...
  • この頃の匈奴では冒頓単于以来、漢から送られてくる絹綿や食料などの物資を愛好するようになり、老上単于もまた愛好していた。 ...
  • 絹綿交織の繻子を一貫工程で製造していた日本織物は、渡良瀬川からの引水による発電所を有していた。
  • 韓道国は敬済がいっこう顔を出さぬので、酒がかりの陳三ちんざんに頼んで胡州こしゅうの絹綿商人、何官人かかんじんを愛姐の客に取ろうとした。 ...
  • 安政6年の横浜開港から、国内の生糸が海外に輸出されるようになり、桐生では織物原料の不足と価格の高騰に悩まされつつ、明治維新を迎えることとなったが、生糸の代わりに輸入綿糸を用いた絹綿交織物の生産に転換することで復興した。 ...
  • 始めは絹綿であったが後には木綿となった、連音となったのでハタが木綿となってキハタ、キワタルと転じた、ワタとハタは同名である。 ...
  • そこは柔らかく、絹綿のようである。 ...
  • ところでこれらの品物をとてもわたしの家まで送り届ける方法はないので、見るからに恐しい熊の皮の堆積をそのままひろげたなりで、わたしは、夜具と黒い絹綿びろうどの枕とを命じ、それから、思い切って、これら全員の前で横になって眼をつぶる。
  • 弟橘媛は、真白い絹綿の下着と、絹地の上衣を着せ、はかまを男具那にはかせた。 ...