絶望的な叫び

17 の例文 (0.00 秒)
  • しばらくして半身を起こした竹村は絶望的な叫びを肺から絞りだした。 ...
  • われわを認めると、彼は絶望的な叫びをあげた。 ...
  • 警部は絶望的な叫びをあげた。 ...
  • そして俊寛の絶望的な叫びとともに幕となる。 ...
  • シャライシャは鋼鉄の指に握りしめられて、力ない声で、絶望的な叫びをあげた。 ...
  • 稚児たちが絶望的な叫びをあげた。
  • 汽車がシドナムにかかろうとしたとき、パスパルトゥーは絶望的な叫びをあげた。 ...
  • 絶望的な叫びだ。
  • 両軍間の戦場で死んでいく兵士の絶望的な叫びが夜通し北軍、南軍の宿営地に聞こえた。 ...
  • わたしは引き裂かれた禽竜の絶望的な叫びを思いだした。 ...
  • 総督は絶望的な叫びをあげると、卓上の剣に飛びついた。 ...
  • 「しまった」 一度は絶望的な叫びをもらしたが、たとえ敵の半数以下にしろ、四十人の郎従は連れている。 ...
  • 残忍な悪魔の小わきにかかえられて、絶望的な叫びをあげながら、真っ暗な洞窟の奥へひきずりこまれていく小梅様の姿を想像すると、私は全身の血も凍るばかりの思いであった。 ...
  • とたんに、絶望的な叫びが聞こえた。 ...
  • この絶望的な叫びを聞き、ましてその叫びは深淵に落下する岩石のように淵の深さをまざまざと知らしめた時には、いかなるエゴイズムの持ち主も平静ではいられまい? ...
  • 部落の戦いはようやく終盤戦となって、追いつめられてゆく風魔の忍者たちの絶望的な叫びやたち音が燃えさかるほのおのひびきにまじって、手にとるように聞こえていた。 ...