絶対的な支配者

17 の例文 (0.00 秒)
  • 絶対的な支配者として、三代目半蔵、それにふさわしい相貌そうぼうをしている。 ...
  • オーガストはすべてを一存で決める団の絶対的な支配者だった。 ...
  • しかし十師族全員がそう考えるという保証は無いし、あの人物は十師族の絶対的な支配者ではない。 ...
  • 人間を超越した絶対的な支配者としての王。 ...
  • 秦代に皇帝という絶対的な支配者が誕生してから、清代にいたるまで皇帝による統治という制度は二一一七年もつづいた。 ...
  • この機械は、彼の言うところを信じれば、他のいかなるものよりもはるかにすぐれていて、それを買い取った国家は多くの大陸と海の絶対的な支配者になるというのであった。 ...
  • さらにポワンシーは、衰退に向かっていたアメリカ諸島会社とも対立し、自分の支配下に置いた島々において自ら絶対的な支配者としての立場を確立していった。 ...
  • また、「われは神なり」といい張って、絶対的な支配者のように自分の権利を主張する家父長も、もとより考えていません。 ...
  • でも、ラーディ族は、何千年ものあいだ、わたしたちの絶対的な支配者でしたので、わたしたちとか、わたしたちに似たものを、同等のものに対する礼儀で遇する決心が、まだついていないのです。
  • ゆえに人種は決して平等ではなく、中でも白色人種は「生まれながらの絶対的な支配者としての感情」があり、「他のすべての世界を支配する権利」を与えられていることは自明であった。 ...
  • 収監されたルイスバーグ刑務所では、全米各地から収監されているマフィア組員の間の絶対的な支配者として君臨した。 ...
  • クロロは団長を名乗ってはいるが、旅団の絶対的な支配者というわけではないようで、新入りのシズクを除いて団員たちは全員がタメ口でクロロと会話しており、クロロも団員各自の意見を最大限に尊重しつつ重要なことは団員全員の合議によって決めるという方式で旅団を動かしている。 ...
  • 最も裕福だった大貴族の一人ペーテル・ペトロヴィッチはバナトの絶対的な支配者だったが、サポヤイ家に忠実で、フラーテルの摂政政に協力した。 ...
  • その不死性と超能力、強大な科学力ゆえ永遠に続くかに思えた「貴族」の繁栄だったが、いつしか種族的衰退と精神的退廃に陥った彼らは、絶対的な支配者の座から降りようとしていた。 ...
  • 絶対的な支配者。 ...
  • 国家元首としては、ミハイル・ゴルバチョフが大統領制を導入するまで中央執行委員会議長、最高会議幹部会議長、最高会議議長がおり、レオニード・ブレジネフのようにこのポストと党中央委書記長を兼ねた者もいたが、ソビエトの事実上の絶対的な支配者として君臨したのは党書記長であった。 ...