絶対に相容れない

9 の用例 (0.00 秒)
  • 天皇制はそれがどんな形をとろうとも、人民の民主主義体制とは絶対に相容れない。
  • 尚、一番強く出ているのは常識的な人間ではない、という点で他人とは絶対に相容れない人であり、誰れにでも好かれる、という人ではないが少数の目上の人には大変に愛される人ではある。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 人とは絶対に相容れないとは手きびしいな。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 絶対に相容れない一族同士のはずが星史郎は常に昴流と行動を共にし、優しく振舞う。
  • しかし過去一、二世紀の商業世界の諸国の穀物の価格を瞥見すれば、偏見のない人は誰も、これに反して、同じ時期には価格が著しく相接近していることを十分信ずることとなるであろうが、これは上記の記述の真実性とは絶対に相容れないものである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 言葉ではなく、絶対に相容あいいれないかたさとでも言うべきものが風圧になり、ソファに座るバナージの体をひと揺れさせた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • 絶対に相容あいいれない『敵』であるはずなのに。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第08巻』より引用
  • 人と絶対に相容れない、とか、少数の目上には深く愛される、というのは易者の方では常套の言い方らしく、それがある種の人々には却ってピンとくるらしい様子がよく分るけれども、その云い方も易断の弱点の一ツであろう。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 故に絶対に相容れない、と神父の目が告げる。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用