絶佳

全て 名詞
54 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はいちど食べただけなのに、なお舌に残るあの絶佳の味がよみがえるのを感じたのである。 ...
  • それは第一に風景絶佳の地だからである。 ...
  • 中にも風景絶佳ぜつかにして深き神秘と伝説を有するものは十和田湖の右にづるものは無いであらう。 ...
  • ここは有名な古戦場で、かつ風景絶佳の地で、芭蕉翁なども句に詠んでいる。 ...
  • 佳麗な地である江南の風景は絶佳であり、書の発達にこのような風土の関係も見逃すことができない。 ...
  • さしずめ、すると私のタンノイなど容色絶佳の良妻かと声を立てて笑った。 ...
  • そこは川口平六が云う通り、笛吹川の断崖に面した風光絶佳な所だ。 ...
  • 閣は水に臨み、らんは外洋の眺めまでを入れ、風光なんとも絶佳である。 ...
  • 当時、佐賀領内で容色絶佳ぜつかうたわれた女性が三人いたという。 ...
  • 清水の西方山麓、清見潟を距てて富士を望む風光絶佳の地点であった。 ...
  • 秋、深まりて、嵐峡らんきよう錦繍一際きんしゆうひときわ色映え、京の絶佳ここに極まるの感があった。 ...
  • 前方に太平洋を、後方に石鎚山系を見わたす眺望が絶佳である。 ...
  • 浜名湖のほとりに建てられた浜松城は、東海道の要衝ようしようにあり、海と湖と背後の山に囲まれた、風光絶佳ふうこうぜつかの美しい城であった。 ...
  • 彼は三番目のをサロのガルダ湖の風光絶佳の岸辺に選んだ。 ...
  • 中でも四人の少年たちを喜ばせたものは、塔の上から風景絶佳のコロラド大峡谷を眺めることだった。 ...
  • 晴天の日ならはるかに伊豆の海が見渡され、風景絶佳というところだが、次第に雨脚あまあししげくなる。 ...
  • 時間にしてゆっくり歩いて往復二時間足らず、眺望は広濶絶佳で、八ヶ岳から南・中央アルプスが一目で見える。 ...
  • 次へ