絶する

全て 動詞
1,204 の用例 (0.02 秒)
  • それだけでも働くといふことが想像を絶するといふことが想像できます。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • 首都の全官庁は書類と数字を相手に想像を絶する管理戦を開始したのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • といった、想像を絶するような音に聞こえる者がいてもいいじゃないか。 宮沢章夫『茫然とする技術』より引用
  • 今ではさらに、日本人の想像を絶するスピードで生産しているのだろう。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 襲撃されたとなれば、想像を絶するようなひどい事態になっていたはずだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • こういう場合のゆきのスピードとタイミングは言語に絶するものがある。 菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』より引用
  • だが彼の口調からも、それが想像を絶するものであることは察せられた。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • すぐに身につくものではないが、二人は想像を絶するような熱心さだった。 星新一『ちぐはぐな部品』より引用
  • といって日本風の家では客が来ると火を出し茶を出すから火をたやす事も出来ん。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 一人一人の兵士が戦場では想像を絶する惨苦に耐えなければならない。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • その光景は、ミアの想像を絶するものであったが、予想通りともいえた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10a D-双影の騎士1』より引用
  • しかしこの場面の映像の美しさは、ちょっと想像を絶するものがあります。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 比較を絶する大きな存在に向っては、嫉妬の施しようがないではないか。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • しかし、当時の武家の一族の結びつきの鞏固きようこさは現代人の想像を絶する。 海音寺潮五郎『赤穂義士』より引用
  • 一枚の顔写真のために新聞記者が払っている努力は想像を絶するものがある。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • そのどうしても食べたい、という感情はもう想像を絶するものでした。 塚本晋也『悪夢探偵』より引用
  • 言葉を絶する破壊のただなかで生命の島となったのは、ここだけのはずがない。 K・H・シェール『地底のエリート』より引用
  • 研究室も想像を絶するようなところではなく、ごくありふれた部屋だった。 小川洋子・藤原正彦『世にも美しい数学入門』より引用
  • 情勢の展開はこの九月八日一日だけで想像を絶するほど激しく動いた。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 言語を絶する総圧力が、ほとんど純粋な上昇力として作用したのだ。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ3) 第二段階レンズマン』より引用
  • 次へ »