絶えず生命の危険

4 の用例 (0.00 秒)
  • おそらくそういう女だから、絶えず生命の危険にさらされてたと思うんです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 絶えず生命の危険に身をさらしながら、地下運動をつづけているものの生活は、刺激とスリルにみちている。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • というのは、女給も兵隊も絶えず生命の危険に身をさらしている点において同じで、お互いに〝運命共同体〟といったような意識を身につけているからだ。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • 高杉でも伊藤でもそうだが、絶えず生命の危険にさらされながら、〝国事に奔走〟する一方、〝蕩児〟としての半面をもっていた。 大宅壮一『炎は流れる4 明治と昭和の谷間』より引用