絵を習う

20 の用例 (0.00 秒)
  • 私が絵を習い始めた頃は、女が絵を習うと言うのは一般に不思議がる頃でした。 上村松園『今日になるまで』より引用
  • 私が絵を習い始めた頃は、女が絵を習うと言うのは一般に不思議がる頃でした。 上村松園『今日になるまで』より引用
  • で、ぼくは絵を習いたかったが、わざと遠慮をしていたんだというふりをした。 ラディゲ/江口清訳『肉体の悪魔』より引用
  • 好悪の群像なんてでたらめだろうが、絵を習ってるというのは本当なのか。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 所が今偶然、彼女が絵を習ってるのを知ったのである。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 定信と文嶺の作品には共通する画風が見られ、父から絵を習ったと推測される。
  • 沢子が絵を習ってるということを、彼は嘗て夢にも知らなかった。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 幼少の頃から父松栄や兄永徳から絵を習ったと推測される。
  • 絵を習いたいと言っていた気がするが、忘れた、忘れた。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • ただ、学校で習うことを家で勉強さえ続けていれば、絵を習うくらいは何でもないというのだ。 ラディゲ/江口清訳『肉体の悪魔』より引用
  • そのペンキ屋さんに、わたしは気まぐれな絵を習ってるのである。 豊島与志雄『自由人』より引用
  • それでも一流の画家について絵を習い、パリにまで行かせてもらっている恵まれた立場にあった。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 絵を習っていた頃、初めは円筒形や球形ばかり描かされた。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • 金沢時代は矢田四如軒あるいは森蘭斎に絵を習ったと伝わるが確証はない。
  • 夢二のファンであり、絵を習いたいと「港屋絵草子店」を訪問し、交際が始まる。
  • 野良犬さえいなければ、絵を習いに通うことは、暗い夜道も苦ではなかった。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 沢子が絵を習ってるのを今迄自分に隠していたということが、重く彼の胸にのしかかってきた。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 絵を習う順序としては梅の枝とか鳥とかをえてでないと人物は習えないものとしてあったのであります。 上村松園『雷同性に富む現代女流画家』より引用
  • その時彼は夢中になって一晩思いあぐね、中学へ入れてくれないのなら、入れてくれなくていい、学校へは行かないで、家で絵を習い、画家になろう、と決意した。 小川国夫『逸民』より引用
  • 宗達が誰に絵を習ったか、詳しいことは分りません。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用