絵つけ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 陶工も絵付師もこの作品の出来に満足したらしく、両方が署名している。 ...
  • 絵付師の銘が見られるようになるのはそれから1世紀ほど後のことである。 ...
  • そして、一七世紀のはじめになって、日本にも赤絵付の技術がはいってきた。 ...
  • 総てのことが晴れやかでないという感じが、深く伸子の心を圧えつけた。 ...
  • 絵は我々が絵付師を識別できる程度の詳細さで描かれている。 ...
  • そういう男ですもん、おなじ階段に住んでる順子さんに目えつけんはずがない。 ...
  • エウフロニオスの絵付師としての作品群は強い単純化が特徴である。 ...
  • これは墓の装飾など記念碑的な作品を作るようになったために絵付師が芸術家として注目されるようになってきたことを示している。 ...
  • 彼は既知の絵付師を名前の不明なものも含めて全ての列挙した。 ...
  • コーレスの店に近づいてくると、例の心の動揺が彼を圧えつけ始めた。 ...
  • 彼が陶工として署名した作品は絵付師として署名した作品よりも多く現存している。 ...
  • そのイライラしている自分を他人からかくそうとして壓えつけている。 ...
  • しかし色彩豊かに装飾したフィギュアと風景画の絵付も赤い印が押される。 ...
  • するといま帆村のくびおさえつけているのは、蠅男の情婦のお竜だったのだ。 ...
  • この時期には絵付師が大型陶器を専門とする者と小型陶器を専門とする者に分化していった。 ...
  • 彼は、実業家かつ絵付師のウィリアム・ビリングズリーと共に事業に参加した。 ...
  • 緑色の帝国宝珠が押されているのは、磁器が花の絵付をされていないものである。 ...