絢爛

全て 名詞
934 の例文 (0.00 秒)
  • 踊の女性の琉装は絢爛けんらんたるものであったが踊りそのものは単調に過ぎた。 ...
  • 口をついて出る言葉言葉がどれもこれも絢爛けんらんな色彩に包まれていた。 ...
  • 少年をなぐさめようと意図してかよく絢爛けんらんたる魔法を目の前で披露ひろうしてくれた。 ...
  • 太陽はその光線を以って、世界の絢爛さを見てくれる様に人を招待します。 ...
  • 使用人に案内され、ホテルのような絢爛けんらん豪華な内装の通路に歩を進めた。 ...
  • ああ、ここにもまた、犯人の絢爛けんらんたる装飾癖が現われているのだった。 ...
  • そのなかに展開された恋の絢爛たる世界は後の世代の人々の感情生活を大きく左右した。 ...
  • このころは、日本の鉄道にとってもまさに絢爛けんらんたる時代であったのだ。 ...
  • 口をいて出る言葉言葉がどれもこれも絢爛けんらんな色彩に包まれていた。 ...
  • あそこは、静寂せいじゃくに包まれた、およそ絢爛というひびきから無縁なところだ。 ...
  • それは絢爛けんらんたる夢の世界が地上におりてきた光景であった。 ...
  • 落日の最後の瞬間、太陽がひときわ絢爛けんらんと輝くのに似てはいなかったか。 ...
  • しかし、その絢爛たる豊かな声量の中に、何かそぐわないものがあった。 ...
  • 「わたしはもっと絢爛けんらんたる美女の夢を見たことがある」 男はつぶやいた。 ...
  • そこから彼は無数の書物の絢爛けんらんたる背皮を陶然として眺めわたした。 ...
  • つまりあなたはその支配者の中にただ人間の心の絢爛さをのみ見ることが出来るのです。 ...
  • その間、建物の構造と基礎の強化と同様に絢爛豪華な装飾の保全も行われた。 ...
  • 次へ