結う

全て 動詞
299 の用例 (0.00 秒)
  • なお、みんなの党を離党した地方議会議員の一部も結いの党に合流した。
  • それですから、武士が他人の髪を結っても差支えないことになっている。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • この前よりも少しびた赤茶の巻き毛は、両耳の上で二つにわれている。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 彼女はよく遊びに通って来る一人の女の児に髪を結ってやっていた。 島崎藤村『新生』より引用
  • 髪を引詰めるように結っているので、眼尻めじりがすこし上に引きつれている。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 大きい束髪に結っている、眉の濃い口元のしまった男性的な顔付である。 豊島与志雄『球突場の一隅』より引用
  • 結い橋のキャラクターデザインを行ったこ〜ちゃが中心人物となっている。
  • 何時いつでも死んでもいい腹は一番にくくっておかねばならぬ物である。 直木三十五『鍵屋の辻』より引用
  • と間もなく、その子の背に手紙が結いつけられてあるのが、見つかった。 小栗虫太郎『「太平洋漏水孔」漂流記』より引用
  • こうやって丸髷まるまげっていると、どうしても昔のお蓮さんとは見えない。 芥川竜之介『奇怪な再会』より引用
  • ただ、髪を常より高く結い、逆に曲げるという一項目だけは理由がある。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • 髪はターバン型に大きく結い、さまざまな冠型の髪飾りが流行している。
  • 髪を結ったり襟掛けをしたりして時計を見るとかれこれもう四時なんです。 久生十蘭『魔都』より引用
  • お琴がこの髷を結っているのは、弥一の妻になるつもりだからであった。 中村彰彦『明治忠臣蔵』より引用
  • 女の方は洋髪に結った年の頃二十三、四歳の丸顔の和装をした美人だった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 廊下には丸髷まるまげった年増としまの女が立っていて讓を抱き止めるようにした。 田中貢太郎『蟇の血』より引用
  • 濡れた髪ではどうしようもないので朝になってから伊三次はお文の髪を結った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • すると幾江は結いあげた髪のピンを両手ではずしながら首を横に振った。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 同じように旧式な結い方をした髪はまだ濃い栗色を失っていなかった。 ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』より引用
  • 髪を丸く結い、いつも地味な服装をしている、五十歳くらいの女である。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 次へ »