経験値を貯める

16 の用例 (0.00 秒)
  • 従って経験値を貯めてレベルを上げる必要がある点はこれまでと変わらない。
  • 逆に経験値を貯めてレベルを上げることでPCは強くなるとも言える。
  • 経験値を貯めてレベルアップすれば攻撃力などのパラメータが上昇する。
  • また、経験値を貯めて選手レベルが成長すれば能力が強化されたりカードに表記されているもの以外のスキルを覚えたりすることがある。
  • レベルアップは各主人公の経験値を貯めることで行われる。
  • 敵を倒し経験値を貯めることでレベルアップし、能力が上昇する。
  • レベルは最大で12までで、一定の経験値を貯めて宿屋に止まるとレベルアップする。
  • 経験値を貯めるとオプーナたちの能力だけでなくエナジーボンボン自体の能力も上がる。
  • ただし、SPレベルについては経験値を貯めるだけではレベルアップせず、教会へ行ってお祈りをする必要がある。
  • オンラインゲームとみなされることが多いが、通常のMMOと異なり、経験値を貯めたり、運営会社が定めた特定の目的を達成する必要はない。
  • 一般的なRPGと同様に、経験値を貯めて使い込むことでそれぞれのレベルを上げることができ、レベルアップによって基本性能が若干向上し、またパーツの装備ソケット数が増え、更に性能を強化することができるようになる。
  • キャラクターの成長のうち、能力値の成長や強化はごくオーソドックスなRPGの形式を踏襲しており、戦闘で得られる経験値を貯めることによる自動的なレベルアップや、入手したり購入した武器・防具・アクセサリー等を装備することによって行われる。
  • このこともあり、コンピュータゲームの世界では「ロールプレイングゲーム」を「仮想のキャラクターの役割を体験するゲーム」というよりも「経験値を貯めて成長するゲーム」という意味で認識されるようになる。
  • 経験値の概念はコンピューゲームの世界ではロールプレイングゲーム以外のジャンルでも多用され、アクションゲームやシューティングゲームにまで経験値を貯めて成長するようなシステムを組み込んでいるものが多数ある。
  • また単にユーザーを増やしていくだけでなく、経験値を貯めてレベルを上げたり、庭を成長させたり、ポイントでアバターの外観を変えるなどのエンターテインメント要素も含まれている。
  • 職人経験値を貯めると職人レベルが上がり、集中力が上昇するほか、作成に有利となる「とくぎ」を習得していく。