組織培養

71 の用例 (0.00 秒)
  • 組織培養も、基本的にはこれらの技術の応用から始まったものである。
  • これは次第に組織培養の方法へと発展し、より広い分野で利用されることとなった。
  • 組織培養した細胞の場合はひとつひとつの細胞の懸濁液にする必要がある。
  • 組織培養の仕事においてワイスは、細胞増殖のいくつかの特徴を概説した。
  • そのため、組織培養の外植片として用いることで茎頂培養に応用される。
  • ウェーラーにウイルスや組織培養の実験を行わせたのはエンダースである。
  • さらに一九六一年、組織培養ではなく、生きている動物で、この理論は実証された。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • 組織培養や人工交配などによってハエトリグサには様々な品種が存在している。
  • 動物と違い植物の細胞には分化全能性が備わっているため多くの組織培養方法が研究されている。
  • しかしどの方法も栽培して増殖するには時間がかかるので、最近は組織培養して増殖したものも増えてきた。
  • 感染した植物から感染していない部分の組織培養により正常個体を再生することは可能である。
  • 組織培養という意味でさえ、肉体のどこかの部分が生きているかどうかは疑わしい、とあのふたりは考えた。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • なお、培養に関しては宿主の組織培養を用いて培養に成功した例が若干ながらある。
  • 動物における組織培養は実験動物の削減のため動物個体から切り出した動物細胞を培養するなどされている。
  • この間患者自身の皮膚を組織培養する。
  • 多細胞生物でも菌類や藻類といった組織分化の程度の低い生物の培養は組織培養とは呼ばない。
  • 方法としては植物体に生育させた後に染色体を調べる方法があるが、組織培養中は染色体の倍化も見られる。
  • さらに勝田 甫らとともに日本組織培養学会に研究グループを組織し、その利用性を拡大した。
  • 死者の毛根は、いわば組織培養されたような状態にあり、毛が伸びることがあっても不思議ではない、というのである。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • 組織培養は、生物学関係において動物や植物といった組織分化の著しい多細胞生物の組織を維持・培養することである。
  • 次へ »

組織培養 の使われ方