組昇級者決定戦

17 の例文 (0.00 秒)
  • 第13期竜王戦6組昇級者決定戦2回戦のみ七段棋士として対局した。 ...
  • また、同年の第28期竜王戦においては、3組昇級者決定戦にて3位に入り2組昇級が決定。 ...
  • 第28期竜王戦6組昇級者決定戦決勝にて渡辺大夢四段に敗れる。 ...
  • 最後の対局は2015年3月12日の第28期竜王戦6組昇級者決定戦での対中田功戦となり、敗局して引退を正式に表明した。 ...
  • 第30期竜王戦・6組昇級者決定戦では決勝まで進んだが、金井恒太に敗れ5組昇級を逃す。 ...
  • 残す対局は第61期王将戦と第24期竜王戦6組昇級者決定戦であったが、いずれも敗れて2011年8月19日をもって引退となった。
  • この時点で残る対局は竜王戦6組昇級者決定戦のみとなっていたが、2018年8月13日に行われた4回戦で星野良生に敗れ、現役引退となった。 ...
  • 熊坂が2014年度末をもって引退内定となった際も、4月以降に竜王戦6組昇級者決定戦が組まれていたため、2015年4月1日付の日本将棋連盟のホームページで、熊坂の引退が内定しているが、引退日付・最終対局日は未定である旨が公表された。 ...
  • 竜王戦では、幾度かの2組降級と1組復帰を繰り返しながらも、第32期時点では、第1期からの参加棋士で唯一となる2組以上の在籍を維持していたが、第32期の2組昇級者決定戦1回戦で斎藤慎太郎に敗れ、3組降級となった。 ...
  • 同年、第17期竜王戦5組昇級者決定戦で、勝てば4組初昇級という一番で宮田敦史に敗れる。 ...
  • 一方、2010年3月2日の第23期竜王戦5組昇級者決定戦・浦野真彦七段との対局で、2手続けて指す反則を犯して敗れた。 ...
  • そして、2011年6月1日、第24期竜王戦6組昇級者決定戦1回戦で牧野光則に敗れたのが最終対局となり、同日付で引退。
  • 野田は2012年度末の時点で、第26期竜王戦6組昇級者決定戦への出場資格を残し、1回戦では島本亮に勝ったものの、2回戦で室岡克彦に敗れ、同日付けで引退した。 ...
  • 植山は2012年度末の時点で、第26期竜王戦6組昇級者決定戦への出場資格を残し、1回戦では兄弟子の田丸昇に勝ったものの、2回戦で石川陽生に敗れ、同日付けで引退した。 ...
  • そして王将戦を勝ち残り、竜王戦6組昇級者決定戦への参加権を残した状態で最終年度末を迎え、王将戦は2012年4月12日の木村一基戦、竜王戦6組昇級者決定戦は同年6月29日の佐藤慎一戦でそれぞれ敗れ、2012年6月29日付で引退となった。 ...
  • 第23期竜王戦5組昇級者決定戦で勝ち、さらに、第24期竜王戦4組では準優勝し、3期連続昇級で3組へ昇級。 ...