組敷き

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 老博士を組敷いている人々も、その場を離れ、呆然ぼうぜんとして、僕を見るだけだ。 ...
  • 父の連想があるので、何んともいえず組敷かれた敵の年寄りをあわれに思ったということはある。 ...
  • 不意をくった潘璋は、組敷かれて、ついに首を掻かれてしまった。
  • そのかわり四、五人に組敷かれて頭をがんがん張られることもすくなくなかった。 ...
  • が、二人は、衆寡敵しゅうかてきせず、たちまち甲板上で、荒くれ水夫たちに組敷かれてしまった。 ...
  • けれどもそれは、やはりお銀様の逆上のあまりで、かえって主膳のために荒らかに組敷かれてしまったのはぜひもありません。 ...
  • 運動場の隅の機械体操の砂場に取組み合って倒れたまましばらみ合っている中に、苦もなく私は彼を組敷くことが出来た。 ...
  • そしてまた、自分が全く知らないうちに、腕力自慢の卒業生を組敷いて、首をねじ曲げて砂の上につっ込んでいたあの時の、身内に充実していた力を思い出していた。 ...
  • さしもの教経も仰天し振り払おうとすると、その忠信は義経の鎧に変じ、その隙を狙って組敷かれた忠信が教経に手を負わせる。 ...
  • えふとりて多力なる国王に、父はいかでか敵し得べき、組敷かれて、かたわらなりし如露じょろにてしたたか打たれぬ。 ...
  • 再び激しい格闘が起り、今度は岨が完全に組敷かれたらしく、幾度も、幾度も力の限り頭を監房の羽目板にたたきつけられている。 ...
  • いっぽう赤松は弾正と勝負に及び、ついには弾正を組敷き討取る。 ...
  • お綱は突然激怒して禅僧を組敷き、後手にいましめた。 ...
  • その上で荒熊の如き武道者が、乙女の如き美少年を、無残にも膝下しっかに組敷いているのは、いずれ尋常の出来事と見えなかった。 ...
  • 中学二年の夏に、お安が陽除ひよけにかけた安っぽいビニールのすだれをくぐって土間に入ると、むき出しの六畳一間いっぱいにキャラメルの包装紙散らした中で、母親が、男に組敷かれていた。 ...
  • 「あツ」 ひぢを打たれて、思はず庖丁を取落したお越、次の瞬間には、ガラツ八の我武者羅なひざの下に組敷かれて居りました。 ...
  • 真向うから見すえる形ゆえ、いささか気がとがめて、たしかに巫山ふざんの雨もよい、薄壁へだてて手にとる如く、だが、すぐには孔に眼を当てず、集中豪雨の態となってようようのぞけば、なんと三十五、六とおぼしき女房、せいらあヽヽヽヽ服を身にまとい、亭主に組敷かれたり。 ...