組み合わせ

全て 動詞 名詞
15,161 の用例 (0.02 秒)
  • これは板を組み合わせたもので穴とほぼ同じ大きさに合わせたたてである。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • あれほど恋に落ちそうにもない組み合わせは、他に想像もつかなかった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 姉と妹以外の組み合わせのきょうだいすべてに憧れていたと言っていい。 柴門ふみ『男性論』より引用
  • いまから言うスポーツとその用語の組み合わせで誤っているのはどれか。 宗田理『ぼくらの七日間戦争』より引用
  • あるいは油っ濃いものと水気の多いものとの組み合わせも考えられます。 平野雅章『熱いが御馳走 食物ことわざ事典II』より引用
  • 淳子は色ガラスを組み合わせて作られているガス灯風の門灯を見あげた。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • この組み合わせについてセルジュ・リファールは次のように述べている。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • というよりも、はじめからそうなるように技を組み合わせているのである。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • 彼はダイヤモンドと月桂樹げつけいじゆを組み合わせたこのマークを知っているのだ。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 青ざめた月のような顔をして、両手を胸の前でぐっと組み合わせている。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 個人的には絶対に引き合わせちゃいけない組み合わせだと思うんですよ!! 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • ミチルは、机の上で両手の指を組み合わせ、じっと相手の顔を観察した。 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • そうやって鏡をいくつも組み合わせて、蛇のように、鏡をつないでいく。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • そこから手を組み合わせないばかりに並んで東の方へ歩き出した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • そこから手を組み合わせないばかりに並んで東の方へ歩きだした。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 腹の上で両手の指を組み合わせ、天井を見上げたまま彼女は動かなくなった。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • 眉をひそめたフランシスの、テーブルの上で組み合わせた指に力が入る。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • そしてこれからまた、男と女は組み合わせを変え、朝まで遊び尽すのか。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 紀子のスーツケースには三桁の数字を組み合わせたロックがついていた。 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • シルバーの輪を何重にも組み合わせたデザインのシールが裏側に見えた。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 次へ »

組み合わせ で始まる単語