終生交流

10 の用例 (0.00 秒)
  • なお、宣義とはその後も終生交流があり、二人は同じ年に生まれ、同じ年に没している。
  • 第三高等学校教授、台北帝国大学教授を務めた、後者の同僚であった島田謹二とは終生交流した。
  • 草間彌生を見いだし、その後のよき理解者として終生交流があった。
  • 川村二郎や清水徹ら外国文学者出身の文芸評論家とは、企画出版を含め終生交流があった。
  • そこで学んだ山口瞳は、吉野と終生交流を持ち、没後の1969年に『小説・吉野秀雄先生』を発表した。
  • その流れで作家阿川弘之とは志賀直哉ら白樺派関係で、平岩外四とは同郷でもあり終生交流があった。
  • 同じ職場に英文学者矢野峰人がおり終生交流した。
  • 寮生活において斎藤宗吉と知り合い終生交流し、回覧雑誌や句会を行い、演劇にも親しみ自ら出演もした。
  • 有島武郎を崇敬し、生前しばしば訪ねた、父と同じく精神科医で、歌人斎藤茂吉とも終生交流があった。
  • 大学では島田謹二、富士川英郎に師事し終生交流した。