終生の友人

40 の用例 (0.01 秒)
  • カフカは4年間の修学期間を優等生として過ごし、またこの学校で終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会った。
  • に進み、ダフィット・ヒルベルトとともにアドルフ・フルヴィッツの下で学び、この二人とは終生の友人となった。
  • ケンブリッジでは、後にとなるが彼のチューターを務めたほか、ウィリアム・ピットと知己を得て終生の友人となった。
  • 主要人物であるナータンの人物像は、レッシングの終生の友人であった啓蒙思想家モーゼス・メンデルスゾーンがそのモデルである。
  • ウィルソンとハーランは終生の友人となり、ハーランと交わったことで共和党への支持が強くなった。
  • 島田謹二や矢野峰人とも終生の友人であった。
  • また、ここで出会ったハンス・ヨナスとは終生の友人となり、同大学において共にルドルフ・ブルトマンの新約聖書のゼミを受講する。
  • ジョン・ハートフィールドやジョージ・グロスといったベルリン・ダダの主要作家たちに比べると政治的色彩はほぼ皆無な作品を作るシュヴィッタースであったが、終生の友人ハウスマンやヘッヒらを含め様々なダダイストたちと交友関係があった。
  • だが幸いにして合格したホーソンはボードン大学でも古典文学や英語の文法や修辞学などの必修課目以外に、広い範囲の読書をし、大学にあった二つの文学クラブのひとつにはいり、終生の友人のホレーシオ・ブリッジや、のちの大統領フランクリン・ピアスと親しくなった。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 成瀬・高峰とはその後、盟友として多くの名作を生み出し、また終生の友人として付き合った。
  • この学校は現代フランスでも屈指の名門校ルイ・ル・グラン高校の前身で、当時は貴族や大ブルジョワの子弟の特権校であったが、彼はここで終生の友人となったシャペル、ベルニエ、後に彼の劇団の庇護者となったコンチ公を識ったという。 モリエール/鈴木豊訳『商人貴族』より引用
  • 書誌学者・近世研究者の森銑三とは、昭和初期から終生の友人で、「柴田さんを利用しなかったジャーナリズムも頼りないが、一生、ジャーナリズムに煩わされる所なく、趙然として一生を終った所にわが宵曲大人があった」と回想している。
  • この地で知り合ったフランク・バッジェンとは終生の友人となり、『ユリシーズ』や『フィネガンズ・ウェイク』の執筆に際しては絶えずバッジェンの意見を求めるほどの信頼を置くようになった。
  • バーンズは、影響力あるサロンの女性主人ナタリー・バーニーの側近のひとりであったが、バーニーは、バーンズのパリでのレズビアン生活の風刺的な年代記『貴婦人年鑑』の中心人物であるのみならず、バーンズの終生の友人でパトロンでもあった。
  • 神西清と知り合い、終生の友人となる。
  • カフカは、プラーグ大学以来の、終生の友人であるマックス・ブロートに、「変身」その他の、生前に刊行された数編だけをのこして、未定稿の原稿、日記、手紙の類はいっさい焼きすててくれるように、と遺言していた。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • 最後は終生の友人である法王ピウス2世の十字軍構想に従い、病身を押してローマを出立するが、トスカネッリに看取られながら1464年トーディにて死去した。
  • アポリネールの終生の友人で、雑誌「ラ・プリューム」「イソップの饗宴」などの同人ジャン・モレとの相似はどうであろうか。 アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』より引用
  • 中学で、終生の友人竹山道雄と知り合う。
  • ブカレスト大学に学び、そこで1928年、ウジェーヌ・イヨネスコ、ミルチャ・エリアーデと出会い、終生の友人となる。