終生の友人となり

10 の用例 (0.00 秒)
  • キケロにとって終生の友人となるティトゥス・ポンポニウス・アッティクスがアテナイに居を構えていたことから、この頃に出会った可能性もある。
  • のちにミニモ会士になり、終生の友人となるマラン・メルセンヌは、学院の先輩にあたる。
  • 終生の友人となる神学教授フランツ・オーヴァーベックと出会ったほか、古代ギリシアやルネサンス時代の文化史を講じていたヤーコプ・ブルクハルトとの親交が始まり、その講義に出席するなどして深い影響を受けたのもバーゼル大学でのことである。
  • ここで出合ったのちの初代イスラエル首相ダヴィド・ベン=グリオンは終生の友人となる。
  • カフカは4年間の修学期間を優等生として過ごし、またこの学校で終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会った。
  • ウィルソンとハーランは終生の友人となり、ハーランと交わったことで共和党への支持が強くなった。
  • また、ここで出会ったハンス・ヨナスとは終生の友人となり、同大学において共にルドルフ・ブルトマンの新約聖書のゼミを受講する。
  • この地で知り合ったフランク・バッジェンとは終生の友人となり、『ユリシーズ』や『フィネガンズ・ウェイク』の執筆に際しては絶えずバッジェンの意見を求めるほどの信頼を置くようになった。
  • 神西清と知り合い、終生の友人となる。
  • ブカレスト大学に学び、そこで1928年、ウジェーヌ・イヨネスコ、ミルチャ・エリアーデと出会い、終生の友人となる。