終生の友人

40 の用例 (0.01 秒)
  • 女性革命家ヴェーラ・ザスーリチの終生の友人としても知られる。
  • ロシア出身の日本学者の祖セルゲイ・エリセーエフとは終生の友人であった。
  • 恋愛関係にあったかどうかはともかく、ヘプバーンとペックは終生の友人だった。
  • 大学では、終生の友人であり後に自身の編集者を務めることになるエドマンド・ウィルソンと出会っている。
  • なお、南部と織田は終生の友人であり、田島は織田の影響で三段跳を始めた関係でもある。
  • 森の終生の友人で随筆家の柴田宵曲が、鳶魚の口述筆記を多く担当している。
  • その時の同級生に田中美知太郎がおり、以降終生の友人として接することになる。
  • また、エクス出身の彫刻家で終生の友人となったとも知り合い、共同生活を送った。
  • 共に連載していた村松梢風とは終生の友人だった。
  • この頃から、同門の佐藤春夫とは終生の友人であった。
  • この団体は、バクーニン主義の影響の強いグループで、ここで終生の友人であるレフ・デイチに出会う。
  • 中寮十番で同室となった武藤富男は、終生の友人となった。
  • キケロにとって終生の友人となるティトゥス・ポンポニウス・アッティクスがアテナイに居を構えていたことから、この頃に出会った可能性もある。
  • のちにミニモ会士になり、終生の友人となるマラン・メルセンヌは、学院の先輩にあたる。
  • フンボルトとは終生の友人となった。
  • 終生の友人であった仲代達矢によると、岡本家にはいつ遊びに行ってもわけのわからない人々が居候、客としてゴロゴロしていて、末期には、のちコンビを組むことになる小林政弘の若き日の姿もあったという。
  • 終生の友人となる神学教授フランツ・オーヴァーベックと出会ったほか、古代ギリシアやルネサンス時代の文化史を講じていたヤーコプ・ブルクハルトとの親交が始まり、その講義に出席するなどして深い影響を受けたのもバーゼル大学でのことである。
  • ヴァン・ヴェヒテンは終生の友人になり、その撮した当時のスタインとアリスの写真の多くがウェブ上で見られる。
  • ここで出合ったのちの初代イスラエル首相ダヴィド・ベン=グリオンは終生の友人となる。
  • ただこの高校で、やはり終生の友人となったトゥッサン・リュカと知り合い、また初めてギヨーム・アポリネールの名で象徴派的な詩作に手を染めている。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • 次へ »