終生のライバル

35 の用例 (0.00 秒)
  • 後に電通三代目社長となる上田碩三は終生のライバルと目された。
  • 特に同じ大和路をモチーフとする杉本健吉とは終生のライバルとなり、友となった。
  • 終生のライバルとなったフレージャーとは3度対戦して、2勝1敗であった。
  • 終生のライバル、エル・サントとの接触はこのタッグ活動に起因する。
  • 彼女は、本能的に、みのりこそが、自分の終生のライバルだと悟ったらしい。 火浦功『大冒険はおべんと持って <みのりちゃんシリーズ>』より引用
  • しかしここで立ちはだかったのが、終生のライバルとなるサンデーサイレンスだった。
  • そしてその出自が、主人公を巡るふたりの女のエピソードや、終生のライバルになる男の存在といった、モデルとなった田中角栄の生涯とは全く異なる、独自のストーリーへと発展していく。
  • 主人公・星飛雄馬の終生のライバルである。
  • 終生のライバルだった川上や鶴岡が、指導者としても大きな名声を得たのと比べると淋しい引退後だった。
  • グラッドストンとディズレーリはあらゆる面で対称の存在であり、終生のライバルであった。
  • また、カール・ハインツ・シュナイダーとは「終生のライバル」関係にある。
  • 終生のライバルとなるであろう二階堂大河との出会いや、他小のライバル、他スポーツとの対決との中で、過酷な練習や仲間との連携で弾平は強くなっていくのであった。
  • また、終生のライバルのひとり最上義光役には当初、松田優作がキャスティングされていたが実現しなかった。
  • ベルニーニに師事し、終生のライバルでもあったフランチェスコ・ボッロミーニも、独創的な建築表現で名を残した一人である。
  • それ以来、花道には一方的にライバル視かつ敵視され、「後に『終生のライバル』と呼ばれる」とされている。
  • この頃から、2人は終生のライバルとなる。
  • 終生のライバルは、交互に頭を下げあった。 火浦功『大冒険はおべんと持って <みのりちゃんシリーズ>』より引用
  • 最年少にして最優秀の成績で卒業し、恩賜の金時計を終生のライバル、熊田金造と半分に切り分け合ったという。
  • 対戦相手は後にジョーダン終生のライバルとなるパトリック・ユーイング率いるジョージタウン大学だった。
  • シャーロック・ホームズの終生のライバルとされる、ジェームズ・モリアーティ教授が事件の黒幕にいるとされる。
  • 次へ »