終日雨

15 の用例 (0.00 秒)
  • かれこれもう二週間というもの、リギは、くる日もくる日も終日雨ばかりであった。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • わたしは、終日雨いちにちあめにさらされていることもありました。 小川未明『煙突と柳』より引用
  • 終日雨となり、この頃水不足にて稲の植付にも困っている模様なので、大助かりであろう。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 十日は終日雨が降った、そのために工事が妨げられもしたそうで、とうとう十一日は全市断水という事になった。 寺田寅彦『断水の日』より引用
  • 終日雨で家の中にとじこもっていた。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • 六月十三日、終日雨、伐採、ただ樹林との闘い、言葉を忘れたような日が続く。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 昨日終日雨、昨夜終夜雨、今朝また雨、午前中強雨、北東の風、午後北西の風となり晴、夜風は南西となる。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 総会の出席者は例年五百人を超すが、その年は「東京は終日雨」という天気予報が出たせいか、四百四十人とやや少な目だった。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 終日雨来りては歇むこと幾回なるを知らず。 永井荷風『断腸亭日乗』より引用
  • 次の日は土曜日で、終日雨だった。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • たとえば球磨くま郡の五木いつきでは、終日雨の旅宿でうぐいすの声ばかり聴いて暮したことがあったが、ホケキョと三音に鳴くのは二十回に一度くらいなもので、普通はきまって四声ずつ続けていた。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • 当日のダラスの天気予報は終日雨の予報であったが到着の1時間前から天候は回復し、空は晴れあがり結局リムジンにバブルトップが付けられることはなかった。
  • 前景の石のテラスの上の花びんは終日雨を浴びて、おもたい雨だれが、古くから「幽霊の小道」と呼ばれている幅の広い石だたみの上に、夜どおし、びしょびしょしたたり落ちる。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(1)』より引用
  • 終日雨、翻訳す。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 終日雨、午後午睡す。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用