終日運転

40 の用例 (0.00 秒)
  • そのため当駅には終日運転扱いの駅員が配置されている。
  • 急行系の列車は終日運転されている。
  • 終日運転されているが、全線を通しで運転するのは早朝・深夜のごく僅かのみで、事実上古市駅を境に運転系統が分かれている。
  • うちL系統では終日運転が行われている。
  • 神戸本線の代表的種別で、深夜を除きほぼ終日運転される。
  • 終日運転され、ほぼ毎時2本の約30分間隔で運転されている。
  • 大都市圏では、大晦日から元日にかけての夜に初詣客向けの終日運転がなされる交通機関もある。
  • かつては終日運転されていたが、直通特急の増発により、この種別としての運転は激減している。
  • すべての駅に停車する種別で、終日運転される。
  • ただし、前述の通り正月期間では参拝客輸送をさばいて急行を終日運転する特別ダイヤを編成して利便性を確保している。
  • また、当駅は高島線と根岸線の合流点にあたるため、両ホーム横浜方の上には信号扱い所が設けられ、終日運転取扱者がここに常駐する。
  • また急行停車駅の八幡市駅・伏見稲荷駅を通過する快速急行は終日運転されなかったが、区間急行は朝と深夜の下りのみ、準急は昼間時間帯以外の時間帯で運転された。
  • かつてはほぼ終日運転だったが、ダイヤ改正毎に運転時間帯は縮小し、始発から朝ラッシュ時にかけてのみの運転となっている。
  • 奈良線の主力優等種別で終日運転されている。
  • 急行は、当路線の主力優等種別であり、本川越方面・拝島方面ともに終日運転される。
  • かつてはほぼ終日運転されていたこともあり、登場当初から暫くは西宮駅 - 三宮駅間ノンストップであった。
  • 南海高野線との直通列車として終日運転されている。
  • 原則として終日運転である。
  • 終日運転されている。
  • かつては終日運転で、2001年3月23日以前は日中に毎時3本、それ以降は毎時2本設定されていた。
  • 次へ »

終日運転 の使われ方