終日運行

42 の用例 (0.00 秒)
  • タクシーの場合は、利用者の便を計るために終日運行されている事が多い。
  • S1系統は終日運行であり、それ以外はラッシュ時のみの運行である。
  • 現在は一般路線化の際に時間帯による運行ルートの変更、もしくは終日運行という形態に変更されている。
  • 終日運行されるのは団地の中心部を通る便であり、一日を通して本数が大変多い。
  • 基本的に平日の昼間から夕方の時間帯に、土曜・休日はほぼ終日運行される。
  • 当初は日中のみの運転で、急行が終日運行されるようになったのは同年10月1日からである。
  • 難波線・奈良線では、大阪難波駅 - 近鉄奈良駅間で終日運行されている。
  • 特急・準急・普通がほぼ終日運行されているほか、朝と深夜に快速急行・急行が運行されている。
  • 川崎市内を走行する京急バス一般路線としては最も本数が多く、かつ終日運行される唯一の系統である。
  • 地下鉄が開館時間帯にかかわらず終日運行されるようになったのは、40年後の1986年のことである。
  • 運用は固定されており、基本編成と付属編成を常時連結した15両編成で終日運行される。
  • サラエヴォはヨーロッパで初めて、そして全世界で2番目に早く終日運行の路面電車が運行された町である。
  • その時はラッシュ時のみの運行であったが、2000年3月16日に運用効率化のため大井町駅を境にした系統分割が実施された際に終日運行となった。
  • また、26系統も当初は朝夕のみの運行であったが、幡枝線の減便に伴い現在は終日運行されている。
  • またほぼ同時期に宇治車庫~近鉄大久保の折返し便が終日運行となる。
  • 「通勤」とあるが、朝夕だけというわけでなく、終日運行している。
  • 区間急行はかつて準急を称して終日運行されており東武日光駅や東武宇都宮駅への直通列車も設定されていた。
  • サラエヴォはヨーロッパでは初めて終日運行される路面電車が導入された都市で、開業は1885年の新年であった。
  • 前記の区間に含まれていない東武動物公園 - 久喜間は特急をのぞく全列車が各駅に停車し、それらが終日運行されるため普通列車の設定はごくわずかとなっている。
  • この連絡線を経由する直通列車は終日運行が明言されており、従来の仙石線全線を走行する快速電車の運行も引き続き行うとしている。
  • 次へ »

終日運行 の使われ方