終日利用

23 の用例 (0.00 秒)
  • 下りホームの鎌倉方には常設改札口と同様に終日利用できる臨時改札口がある。
  • 青梅駅管理の無人駅であるが、自動券売機はほぼ終日利用可能である。
  • 沿線に集合住宅の多い永山駅 - 永山五丁目は終日利用者が多い。
  • 沿線には団地が多く、駒沢学園があるため、ほぼ終日利用者が多い。
  • 入場料は終日利用で大人1000円・子供400円であった。
  • 長距離路線であるが終日利用客が多く、遠距離利用も多い。
  • ただし、インターネットカフェなど、終日利用できる場所を利用するという、新しい旅の形も生まれている。
  • これに伴い、4・5番出口の出口利用時間制限が撤廃され、終日利用可能となった。
  • 運用は24時間で終日利用可能である。
  • 沿線には中高層マンションを中心とする住宅地が広がっており、稲毛駅が快速停車駅であることや駅周辺に商業施設が充実していることから終日利用者は多く、平和交通の主力路線となっている。
  • なお、平日以外については終日利用が可能である。
  • 座席は平日の初電 - 10時は収納状態で固定され、10時を過ぎた時点で使用可能とされていたが、4扉車への置き換えが開始されてからは、6扉車の座席は終日利用可能となっていた。
  • 青梅駅管理の簡易委託駅で、午後のみ受託者が勤務するが、自動券売機はほぼ終日利用可能である。
  • 都営地下鉄では終日利用可能な回数券のみ発売しており、時差回数券・土日回数券・東京地下鉄や相互乗り入れ先との連絡回数券は発売していない。
  • それに先駆けて2010年2月19日をもって6扉車の座席収納を終了し、座席は終日利用可能な状態になった。
  • また、各施設には隣接する千里浜なぎさドライブウェイならびに一般道からも終日利用可能である。
  • 横浜市電7系統の代替路線であり、アップダウンのある久保山付近や旧市街地を運行するため終日利用は多い。
  • 買物バスカードの利用可能時間帯は前述の通り、土曜・休日は終日利用できるが、平日については「運賃精算時の時刻が10時から17時までの間」と規定されている。
  • どちらの便も2kmほどと短区間であるが、団地や住宅街の中を走る事や、終点の牧の原団地停の最寄りに松戸国際高校がある事から、終日利用者の多い路線である。
  • 乗り入れる路線も東京都多摩地域、神奈川県北西部、埼玉県南部といったベッドタウンとを結んでいるため、終日利用者は絶えない。
  • 次へ »