終に其

7 の用例 (0.00 秒)
  • 人は只之をべアトリチェと呼びまつれど、終に其真意を暁らざるなり。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • されども終に其あたりに近づくことあたはず。 柳田国男『遠野物語』より引用
  • それより湯を煮立てゝ焼錐の穴より注ぎ込みて、つひに其ヤマハヽを殺し二人共に親々の家に帰りたり。 柳田国男『遠野物語』より引用
  • しかし館員はつひに其れを許さなかつた。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 人或は一見して云はむ、これ僅に悲哀の名を変じて鬱悶と改めしのみと、而も再考して終に其全く変質したるを暁らむ。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • 人或は一見して云はむ、これ僅に悲哀の名を變じて欝悶と改めしのみと、而も再考して終に其全く變質したるをさとらむ。 上田敏『海潮音』より引用
  • 而して大岡氏は終に其目的を達せり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用