細雪

全て 名詞
116 の例文 (0.00 秒)
  • それなのに「細雪」に於て、果してもう一度同じことが言えるかどうか。 ...
  • 谷崎潤一郎の『細雪』の仏訳者に決まったこともあったが、実現しなかった。
  • 昨日の東京新聞に潤一郎の「細雪」は今後自粛的意味で発表中止と出ている。 ...
  • 後になって谷崎潤一郎の「細雪」を読んだ時にも、私はやはり同じような印象を受けたのである。 ...
  • その翌日の細雪が舞う朝、三菱の幹部たち全員が湯島の岩崎邸に詰めていた。 ...
  • そして折口が谷崎の『細雪』を読んでいたのは、昭和二十年四月のころのことであった。 ...
  • ここで執筆された代表作にちなんで「『細雪』の家」とも呼ばれる。 ...
  • それらの過程を経た『細雪』全巻の発表経緯を以下にまとめる。 ...
  • その光の霊たちは、水気すいきのように細雪ささめゆきとなって昇天して、ダンテの視野から消えていく。 ...
  • 十二月、『細雪』中巻を脱稿したが、軍当局から印刷頒布を禁止される。 ...
  • 「細雪」のなかの或女性は、花のなかでは何が好きかと訊かれて、「それは桜やわ」と答へた。 ...
  • 桜について書かれた小説で最も美しいのは、谷崎潤一郎の「細雪ささめゆき」の中に出てくる平安神宮の花見の描写であろう。 ...
  • それは「細雪」があまり戦争と無関係な「現代上流女性」の描写に終始しているからである。 ...
  • 世界文学の中に日本の現代文学がどういう価値をもつかということは、決して「細雪」をもっていることだけでは計られない。 ...
  • そうして、その現代訳の仕事を通して獲得した新しい文体によって、代表作となる『細雪ささめゆき』を書きはじめます。 ...
  • まことにもつともな指摘であつて、たしかにこれでは江戸明渡しと『細雪ささめゆき』とがいつしよになつたやうで具合が悪い。
  • 谷崎の秘書を務めた伊吹和子は、「谷崎が仕事で必要な時以外に源氏物語を読んでいる姿を見たことがないし、谷崎が最も機嫌が悪くなったのは細雪などの自身の作品が源氏物語の影響を受けているという他人の発言を聞いた時だった」といった証言を行っている。 ...
  • 次へ