細胞培養法

4 の用例 (0.00 秒)
  • また、細胞培養法により安価で大量に供給する技術も確立されている。
  • 発生生物学の材料として、ウニやイモリが多用されていたが、1950年代、ニワトリ、マウス、ヒトなどの動物細胞を用いた細胞培養法が確立されていく。
  • 米国・シカゴ大学のイスラエル系米国人・モスコーナが、トリプシンなどのタンパク質分解酵素による細胞解離法を開発し、細胞培養法を確立していく。
  • バクセルは東京大学医科学研究所等で研究開発された細胞培養法に、大阪大学で研究開発されたWT1ペプチド 由来のがん抗原等を用いた、テラ株式会社独自の特異的がん免疫治療技術であり、その臨床成績は欧米論文及び学会等で明らかになっている。