細胞分化

44 の用例 (0.00 秒)
  • 飼育が容易であり、発生生物学の分野では細胞分化のモデル生物として研究されている。
  • ただし、すべての糸状性シアノバクテリアが細胞分化を示すわけではない。
  • それらは、同一個体内での組織の違いあるいは個体発生・細胞分化の時間軸上の違いで生じる変化である。
  • 細胞病理学では細胞分化を悪性腫瘍の進行度の計測に利用している。
  • 細胞分化とは、発生生物学では、特殊化していない細胞がより特殊化したタイプの細胞に変化するプロセスのことをいう。
  • 受精卵は体細胞分裂を繰り返し、細胞分化を行い個体へ成長する。
  • この結果は細胞分化に終点があり細胞系統は変えることができないという性質を覆すものである。
  • また、ビタミン誘導性の細胞分化時のシグナル伝達についても研究していた。
  • 完全に細胞分化した細胞のほとんどはG0期に入る。
  • 中胚葉の形成と、中胚葉系への細胞分化にはこの遺伝子の発現が不可欠である。
  • この様な非翻訳領域での遺伝子発現の調節は生物の代謝の調節や細胞分化等に重要な役割を果たしていると考えられている。
  • 細胞検体の検査を行ったとき、細胞分化度が高いものほど臓器の構造・機能的性質を残しており、比較的悪性度が低いと言える。
  • 特にレチノイン酸による誘導性の細胞分化でのシグナル伝達についての研究が知られている。
  • 加えて受精後すぐの卵に明確な境界がみられ、それぞれの領域が将来の各組織に受け継がれることから、母性細胞分化決定因子の存在が示唆されてきた。
  • 形質細胞分化のある症例では免疫グロブリン軽鎖制限を認める。
  • 窒素固定をするものがあり、ヘテロシストを形成してその細胞だけで窒素固定をするものと、ヘテロシストのような特別な細胞分化をせずに夜間にすべての細胞が窒素固定するものなどがある。
  • 糸状性シアノバクテリアにはさまざま細胞分化を示す種があり、高等な真正細菌といえる。
  • 乾癬の治療や白血病の治療ではビタミンAのもつ細胞分化作用を用いているがビタミンAにはそれとは別に抗酸化作用があると言われている。
  • 他の多数のシグナル経路と同様に組織発生、細胞分化、胚発育における極めて重要な役割を果たす。
  • ショウジョウバエの様な無脊椎動物の初期胚シンシチウムはその細胞分化の特異化に重要である。
  • 次へ »