細胞への分化

28 の用例 (0.00 秒)
  • 出生前に大部分は変性してしまうが、同時に一次卵母細胞への分化も進む。
  • これは後述するように本疾患が単核食細胞系細胞への分化が明瞭になったためである。
  • その細胞の集合の機構や、集合後の胞子と柄細胞への分化などが非常に大きな興味を持って研究された。
  • 間葉系に属する細胞への分化能をもつ。
  • 眼杯の内壁では神経細胞への分化が生じ、神経性網膜となる。
  • 特に横紋筋原性または横紋筋細胞への分化を主張する研究者と、それを否定する研究者が拮抗している。
  • むしろ筋線維芽細胞への分化を示す腫瘍との鑑別が重要である。
  • 形質細胞への分化が見られることもある。
  • 造血幹細胞は細胞分裂すると一つは完全な自己複製された細胞となり、もう一つは血液細胞への分化の道をたどり始める。
  • これらの過程を通して見るとIgA産生形質細胞への分化にはTh2サイトカインが重要な働きをしていることが分かる。
  • 骨肉腫とは肉腫の組織型の1つで、悪性の間葉性腫瘍のうち造骨細胞への分化ポテンシャルをわずかでも有し、腫瘍骨を形成する能力を持つものである。
  • こうした破骨細胞への分化を制御する因子をターゲットに創薬的研究が進み、一部の巨細胞性腫瘍の治療への展望が開かれつつある。
  • この形質細胞への分化はリンパ節の髄索で起こる。
  • Th0自体にはIL-23に対する受容体の発現は見られないが、Th17細胞への分化に伴い発現が上昇することが示されている。
  • また、in vitroでのヒト骨芽細胞様細胞を用いた研究で、オルトケイ酸の細胞内への蓄積は、I型コラーゲンの合成と骨芽細胞への分化を促進することが示された。
  • 血管性ニッチでは造血幹細胞の維持に加え、造血幹細胞自身の増殖や血液細胞への分化にも多く関わっている。
  • さらに、骨芽細胞からオステオプロテゲリンを分泌させることで破骨細胞分化因子の働きを阻害し、前破骨細胞の破骨細胞への分化を妨げることで骨吸収を阻害する。
  • 免疫組織化学染色による研究では、筋細胞に特有の中間径フィラメントのデスミンが陽性との報告があるが、MyoD, myogeninが陰性と報告されており横紋筋細胞への分化は否定的である。
  • また、IL-6は活性化した樹状細胞から分泌され、制御性T細胞の活性を抑えることが知られている一方で、T細胞サブセットの一つであるTh17細胞への分化促進を行う。
  • B細胞表面に存在するBCRは、B細胞の抗原認識受容体として働き、特異的な抗原が結合することで、抗体産生細胞や体細胞超変異、クラススイッチ組み換え等を経た後の、より抗原に対する親和性の高いBCRをもった抗体産生細胞や記憶B細胞への分化を引き起こす。
  • 次へ »