細胞の分化

74 の用例 (0.00 秒)
  • 植物細胞の分化は何種類かの植物ホルモンの濃度比によって制御される。
  • その中には、細胞の分化を決定づけるのに必要な因子も含まれている。
  • 細胞の分化能は失われておらず有効造血による一系統以上の血球増加を認める。
  • 特に細胞の分化は発生学や遺伝学において重要な概念である。
  • 白血病細胞の分化が幹細胞に極めて近いところで止まってしまっている細胞であると考えられる。
  • 彼はこれを解釈して、卵割によって、それぞれの細胞の分化が決定づけられてゆくと考えた。
  • 重要な細胞の分化がこの時期に行われる。
  • 再生は発生とは直接の関係がないが、その中では細胞の分化の過程があり、発生における現象に近い側面があるため、発生生物学の領域に含まれる。
  • 生物学においては多細胞生物の誕生、生殖細胞の分化、形態形成などのモデル生物として用いられている。
  • いくつかの例外を除いて、細胞の分化はDNA配列自体に変更をほとんど伴わない。
  • 側生動物は肉眼で見える大きさがあり、細胞の分化が見られるという点で、原生動物とは異なる。
  • 組織型とは、腫瘍細胞の分化と増殖形態に基づく病理組織学的な腫瘍の分類を意味する。
  • 藻類の場合、細胞そのものが自活できるから、多細胞であっても細胞の分化はほとんど見られないものも多い。
  • 上記のようにオオヒゲマワリでは現に細胞の分化が見られるから、この考えを一層強めることとなった。
  • DNAメチル化は高等生物において正常な発生と細胞の分化において極めて重要な役割を担っている。
  • T細胞の分化には胸腺が大きな役割を果たすが、一部のT細胞は胸腺外で分化する。
  • 帽状期に、歯胚の細胞の分化の第一段階が始まる。
  • その多くでは、生殖細胞の分化以外にはっきりとした分化は見られず、生殖細胞が分化していないものも多い。
  • ただし、胞子と柄細胞の分化がみられる細胞性粘菌の方が、組織分化などの分野の研究材料としてよく使われた時期がある。
  • 同様に、細胞の分化や増殖、アポトーシスなど多くの細胞プロセスを制御している。
  • 次へ »